足底筋膜炎が慢性化した場合、どうすればいいですか?

足底筋膜炎が慢性化した場合、どうすればいいですか?

足底筋膜炎が慢性化した場合、どうすればいいですか?

 

足底筋膜炎が慢性化した場合、
ザムストのサポーターを付けてください。

 

足裏に装着するためのインソールで、
患者さんにとても効果が出ています。

 

 

足底筋膜炎は、
足の裏側にどれだけ負担を与えず、
どれだけ日常生活の原因を減らすかがポイントです。

 

足の裏側に強烈な負担が入っている状態なので、
その負担を抑えることが重要となります。

 

 

間違いなく日常生活の中で、
負担が入っているはずです。

 

でも、その負担を取り除くことが
できない方が多いんですね。

 

 

例えば、警察官の患者さん。

 

警察官の靴は、靴の中がまっ平らになっていて
重たい靴を履いているそうです。

 

偏平足にもなりやすいですし、
重たい靴を履いていることによって、
足裏の筋肉にダメージが入っていきます。

 

筋肉が張るだけではなくって、
筋繊維そのものにダメージが入ります。

 

でも、警察から支給されている靴ですから、
別の靴を履くわけにはいかないですよね。

 

こういった時に、サポーターを使用して、
症状を回復することが必要ですよ。

 

 

サポーターひとつで、間違いなく症状が変化しますし、
負担も変化しますので、実践してくださいね。

足底筋膜炎でお困りの方へ