足底筋膜炎で、眠れないことはありますか?

足底筋膜炎で、眠れないことはありますか?

足底筋膜炎で、眠れないことはありますか?

 

足底筋膜炎の症状のひとつに、
眠れない・睡眠障害が発生する事があります。

 

足底筋膜炎は、痛みが軽い患者さんと、
相当強い痛みを起こす患者さんにわかれています。

 

 

じわじわと発生した慢性的な患者さんは、
極端な痛みが発生することは少ないです。

 

一方で、慣れない靴を履いたり、
なれない動きを行なった方に発生する
急性の足底筋膜炎では、強烈な痛みが起こります。

 

この場合には、炎症が発生していて、
完全な怪我の状態になってしますから、
アイシングを行なってくださいね。

 

 

慣れない靴を履いていると、
負担が加わっているだけではなくて、
筋肉そのものに傷がついている事があります。

 

筋肉に傷がついてしまうと、
そこから炎症が広がっていって、
眠れなくなるなどの症状が発生します。

 

夜間にズキズキしている場合には、
炎症が拡大している可能性があります。

 

 

また、石灰沈着性のものは、
同様にズキズキとした症状を起こし、
眠れなくさせてしまうことがありますよ。

 

足底筋膜炎の中でも、強めの症状ですから、
しっかりと治療を受けることをおすすめいたします。

 

ズキズキレベルの足底筋膜炎の場合は、
整形外科での治療をオススメします。

足底筋膜炎でお困りの方へ