足底筋膜炎で、陥没することはありますか?

足底筋膜炎で、陥没することはありますか?

足底筋膜炎で、陥没することはありますか?

 

足底筋膜炎の症状のひとつに、
陥没が発生する事があります。

 

あまり多くは発生しませんが、
足底筋膜炎の中でも強烈なダメージの場合、
陥没が発生することがありますよ。

 

陥没している時点で、
足裏の筋肉にダメージが入っています。

 

 

切れている可能性もありますし、
あまりにも極端な負担が入ってしまい、
一部分だけ柔らかくなりすぎていることもあります。

 

足裏の筋肉が切れることは少ないので、
足底筋膜炎で陥没が発生している場合には、
後者の筋肉の能力が低下している事が考えられます。

 

 

筋肉は、何度も何度も負担を受けると、
ストレスに感じて弾力性がなくなります。

 

会社で嫌なことがあったら、
上司に怒られてばかりいたら、
やる気なくなってしまいますよね。

 

それと同じで、筋肉も負担を受けると
「働くの、や〜めた!!」となってしまい、
柔らかくなってしまうことがあるんです。

 

 

一般的な柔軟性ではなくて、
病的に柔らかくなるんですね。

 

この状態になると、とても改善しにくいです。

 

陥没が発生している場合は、
治療院等での治療が必要になります。

 

筋肉の能力を取り戻してあげる、
筋肉のストレスを取り除いてあげる、
そんな治療が必要です。

足底筋膜炎でお困りの方へ