足底筋膜炎で、後遺症はどのようなものがありますか?

足底筋膜炎で、後遺症はどのようなものがありますか?

足底筋膜炎で、後遺症はどのようなものがありますか?

 

足底筋膜炎の後遺症には、次のような物があります。

 

最も強く出てくるのが、
ふくらはぎの筋肉の張りです。

 

足底筋膜炎は、足裏の筋肉にダメージが入り、
強い症状が出てくる怪我の一種です。

 

足裏の筋肉は、ふくらはぎの筋肉と
アキレス腱を通じてつながっているので、
症状が移行しやすくなるんですね。

 

 

足底筋膜炎をしっかりと改善していかないと、
アキレス腱にダメージが入ってしまい、
足を動かしにくくなってしまいます。

 

ふくらはぎの筋肉がパンパンになって、
とても強い症状が出てくる様になります。

 

 

さらに、この状態を放置し続けていると、
股関節の痛みや坐骨神経痛、
腰痛の原因になります。

 

足底筋膜炎の患者さんの多くが、
腰痛と坐骨神経痛が一緒に出ています。

 

ふくらはぎの筋肉をコントロールするのが、
太ももの前後左右についている筋肉です。

 

太ももをコントロールしているのが、
股関節や腰の筋肉ですから、
症状が上へ登ってしまうんですね。

 

しっかりと足底筋膜炎を改善しておかないと、
強い症状が出てくるようになります。

 

 

とても厄介な後遺症ですから、
十分にご注意いただきたいと思います。

足底筋膜炎でお困りの方へ