足底筋膜炎で、水がたまることはありますか?

足底筋膜炎で、水がたまることはありますか?

足底筋膜炎で、水がたまることはありますか?

 

足底筋膜炎の症状のひとつに、
水の貯留が発生する事があります。

 

足底筋膜炎が発生している周りには、
クッションのような組織があります。

 

見た目が水風船のようになっていて、
衝撃吸収を行なってくれる、
とても重要な組織です。

 

足底筋膜炎の症状が進行し過ぎると、
クッション材に負担が入って、
水がたまってしまうことがありますよ。

 

 

最初は少し腫れているくらいですが、
だんだんと症状が進行していき、
ポコっと膨らむことがあります。

 

触るとぶよぶよしていて、
水がたまったようになります。

 

相当強い症状でない限り、
この症状は発生しませんから、
しっかり治療しなければなりません。

 

場合によっては、手術が必要にもなります。

 

 

足裏の筋肉が固まってしまうと、
さらにクッションが押さえつけられる様になり、
より膨らんでしまうことがあります。

 

足底筋膜炎の大きな原因にもなるし、
足底筋膜炎を進行させる要因にもなります。

 

早急に治療を行うことが必要ですし、
インソールなども必要になってきます。

 

ザムストのインソールで圧迫することで、
症状がかなり回復しますから、
こうしたグッズは必ず利用してくださいね。

 

 

本当にきつくなりやすい症状ですので、
十分にご注意いただきたいと思います。

足底筋膜炎でお困りの方へ