足底筋膜炎で、石灰が貯まることはありますか?

足底筋膜炎で、石灰が貯まることはありますか?

足底筋膜炎で、石灰が貯まることはありますか?

 

足底筋膜炎の症状のひとつに、
石灰沈着が発生する事があります。

 

足底筋膜炎は、足の裏側に対して、
じっくりと負担が入っていく怪我です。

 

知らないうちにダメージが蓄積していって、
強い症状が出てくることがあります。

 

 

強い痛みが出ている部分には、
カラダ全体からさまざまな成分が集まってきます。

 

痛みを感じるための成分だったり、
カラダを修復するための成分だったり、
数多くの成分が移動してきます。

 

その中に、カルシウムが集まってくる事があります。

 

 

カルシウムが集まってくると、
一つの結晶のようになり、
関節や筋肉にくっつくことがあります。

 

これが、石灰沈着ですね。

 

何度も何度も繰り返し動かす部分、
負担が入る部分に発生しやすいものです。

 

 

足の裏側は、普通に動いているだけでも、
常に動かしている部分ですから、
石灰沈着が起こりやすいです。

 

足底筋膜炎が出ている状態というのは、
強烈な負担が入っている状態なので、
さらに石灰沈着が起こりやすくなっています。

 

 

石灰沈着が発生した場合、
整形外科で治療を行なってください。

 

足底筋膜炎の中でも、石灰沈着性のものは、
整形外科で治療する必要があります。

 

接骨院などの治療院では、
治療不可能の症状ですから、
十分にご注意いただきたいと思います

足底筋膜炎でお困りの方へ