足底筋膜炎は、運動・スポーツは休んだほういいですか?

足底筋膜炎は、運動・スポーツは休んだほういいですか?

足底筋膜炎は、運動・スポーツは休んだほういいですか?

 

足底筋膜炎を回復させる一つの手段として、
運動を休むことは有効になると思います。

 

スポーツによって足底筋膜炎が発生する場合、
やはり原因はスポーツに潜んでいることが多いです。

 

特別な身の回りの変化がない限り、
スポーツがきっかけとなって
足底筋膜炎が発生した可能性が高いです。

 

強烈な痛みが出ている間は、
少し休んだほうがいいですね。

 

 

注意しなければならないのが、
別の原因の可能性です。

 

 

例えば、靴を新しくした時や、
別のポジションに転向したときなどは、
身体にかかる負担が変化するんですね。

 

それまでのスポーツの状況と、
まったく異なる形に変化します。

 

このため、しっかり治療して
症状が回復したとしても、
症状が再発する危険性があります。

 

 

スポーツによって症状が出ているというより、
スポーツ内の変化によって症状が出ているので、
その変化に対応しないと、負担が加わり続けます。

 

 

靴ヒモを強く結びすぎている、
逆に、緩くしすぎているといった、
細かい部分でも足底筋膜炎は発生します。

 

ポジションの変更によって、
腰や股関節など別の部分に負担が入り、
そこから足底筋膜炎が出ていることもあります。

 

スポーツをどれだけ休んでも、
こちらの原因を改善しない限り、
何度でも症状は再発してきます。

 

 

ちょっとした変化がなかったか、
特別なことは行わなかったかを、
もう一度チェックしてくださいね。

 

ご自身では何でもないようなことが、
実際には大きな原因の場合もありますので。

 

十分にご注意いただきたいと思います。

足底筋膜炎でお困りの方へ