足底筋膜炎は、応急処置でアイシングすれば良いですか?

足底筋膜炎は、応急処置でアイシングすれば良いですか?

足底筋膜炎は、応急処置でアイシングすれば良いですか?

 

足底筋膜炎を回復させる一つの手段として、
アイシングは有効になると思います。

 

足底筋膜炎の初期の段階では、
かなり強い炎症が出ている事があります。

 

筋肉内部で、火傷したような状態になり、
強い症状が出続けてしまいます。

 

まるで火事が起こったかのように、
ものすごく体温が上昇して、
皮膚が熱くなることもあります。

 

炎症が出ている段階では、
アイシングは必須になります。

 

 

さらに、足底筋膜炎の症状が出ている間、
少しでも動かした場合には、
同じくアイシングを行なってください。

 

スポーツを行なった後や、
長時間、歩き続けた後などは、
炎症が発生しています。

 

このようなタイミングにおいても、
アイシングは重要になります。

 

 

患者さんによっては、
お風呂の直後にも炎症がきつくなり、
痛みが増強してしまうケースもあります。

 

この場合も、炎症が発生しているので、
しっかりとアイシングしてください。

 

足底筋膜炎は、炎症をどれだけ抑えるか、
という部分が重要になります。

 

しっかりとアイシングを行って、
症状の軽減を図ってください。

 

 

症状が激しい患者さんほど、
アイシングはとても重要になりますよ。

足底筋膜炎でお困りの方へ