足底筋膜炎に、キネシオテーピングは有効ですか?

足底筋膜炎に、キネシオテーピングは有効ですか?

足底筋膜炎に、キネシオテーピングは有効ですか?

 

足底筋膜炎を回復させる一つの手段として、
キネシオテーピングは有効になると思います。

 

がっちりと固定するよりも、
動きながら改善することができるので、
スポーツを行なっている方に適しています。

 

ホワイトテープでがっちり固定するより、
動かしやすい形で症状を回復可能です。

 

 

テーピングの貼り方は、
ユーチューブ等を見てもらうとして、
ここでは足底筋膜炎に対するポイントを書きます。

 

足底筋膜炎が発生している場合には、
足の裏側にテーピングを貼ります。

 

この時、できるだけぐいっとテープを引っ張って、
固定力を高めた状態でテープを貼り付けてください。

 

伸びたままで固定してしまうと、
あまりうまく固定できないので、
できる限り、引っ張って貼り付けてください。

 

 

キネシオテープであれば、
かなり強く引っ張ったとしても、
柔軟性を持ったまま固定することが可能です。

 

動きやすさをもたらしたまま、
症状を回復することが可能です。

 

 

さらにポイントして、
アキレス腱からふくらはぎにも
テーピングを貼り付けるといいですね。

 

足裏の固定だけではなくて、
ふくらはぎの治療も重要になるので、
ふくらはぎにもキネシオを貼るとイイですよ。

足底筋膜炎でお困りの方へ