足底筋膜炎に、せんねん灸のお灸は有効ですか?

足底筋膜炎に、せんねん灸のお灸は有効ですか?

足底筋膜炎に、せんねん灸のお灸は有効ですか?

 

足底筋膜炎を回復させる一つの手段として、
せんねん灸は有効になると思います。

 

患部に直接当てるのは、
一般の方には難しいです。

 

プロの鍼灸師であれば、
足裏に対して治療可能ですが、
せんねん灸だと難しいと思います。

 

 

もし、ご家庭でせんねん灸を使用する場合、
足の裏側ではなくて、ふくらはぎに
使用すると効果的ですよ。

 

ふくらはぎの筋肉を緩めていくと、
足裏の筋肉も緩みやすくなります。

 

カカトの骨を経由して、
ふくらはぎと足裏の筋肉は連動しているので、
痛みが軽減していくことが多いですよ。

 

直接、足裏にお灸をしたほうが
効果は高いかもしれませんが、
ご家庭であれば、ふくらはぎですね。

 

 

また、スネの筋肉に付いている
「足三里」というツボにお灸を行うと、
症状が回復しやすくなりますよ。

 

足三里は、足全体のツボですから、
足の負担を軽減することが可能です。

 

当然、足底筋膜炎の症状も回復しやすくなり、
痛みが軽減される様になります。

 

負担が大きな患者さんほど、
足三里は有効に働きます。

 

 

お灸によって改善するだけでなく、
マッサージなどでほぐしたり、
シャワーで温めるのも有効ですね。

 

足裏だけを改善するのではなく、
足裏周辺の筋肉全体を改善することで、
効率的に症状を回復する事ができますよ。

足底筋膜炎でお困りの方へ