足底筋膜炎と、運動不足は関係ありますか?

足底筋膜炎と、運動不足は関係ありますか?

足底筋膜炎と、運動不足は関係ありますか?

 

足底筋膜炎の発生原因のひとつに、
運動不足が関係している事があります。

 

運動不足の状態から、
一気に動き出すことによって
足底筋膜炎が発生することがありますよ。

 

 

運動不足の状態というのは、
間違いなく筋肉は落ちています。

 

筋肉をコントロールするための、
神経の状態も低下しています。

 

この状態から一気に動き出してしまうと、
負担が加わるようになり、
足底筋膜炎の症状が出てきてしまいますよ。

 

 

ウォーミングアップ無しで、
一気に運動を行うことによって、
人間はけがをすることが多いです。

 

足底筋膜炎も発生することが多いです。

 

 

機械も、いきなりフルパワーで働かせると、
すぐに壊れてしまうことが多いですが、
人間もまったく同じです。

 

何も準備のできていない状態から、
一気に動かしてしまうのは
ご注意いただきたいと思います。

 

 

運動不足の患者さんほど、
最初は、軽い運動からスタートしてください。

 

多くの方が、いきなり激しい運動を行ったり、
負担の激しい運動を行おうとします。

 

でも、それはカラダにとって逆効果なので、
負担が大きくなってしまう前に、
軽めのスポーツを行ってくださいね。

 

ストレッチを行っておくだけでも、
神経の能力が向上して、
怪我をしにくくなりますよ。

足底筋膜炎でお困りの方へ