足底筋膜炎は、筋トレ・筋肉強化で改善しますか?

足底筋膜炎は、筋トレ・筋肉強化で改善しますか?

足底筋膜炎は、筋トレ・筋肉強化で改善しますか?

 

足底筋膜炎を回復させる一つの手段として、
筋トレ・筋肉強化は有効になると思います。

 

ただし、極端に筋肉をつけることは、
足底筋膜炎を増幅させる原因となります。

 

 

足底筋膜炎の症状は、
足の裏側の筋肉に発生します。

 

足の裏側の筋肉に対して、
コツコツとダメージが蓄積し、
大きなダメージになっていきます。

 

 

筋肉をつけることは良いことですが、
体重が増加してしまう可能性と、
引っ張る力が強くなる可能性があります。

 

体重が増加すること、
筋肉が引っ張る力が強くなること、
これは足底筋膜炎にとっては、逆効果です。

 

 

体重が重たくなるほど、
足底筋膜炎の症状は大きくなります。

 

引っ張る力が強くなるほど、
足底筋膜炎の痛みは強くなります。

 

しかも、症状が再発しやすくなるし、
慢性化する可能性も出てきてしまいます。

 

 

柔軟性を高めながら、
全身の筋肉を鍛えるなら、
筋トレも重要になってきます。

 

でも、筋肉を太くすることだけを
目的にしているようでしたら、
やめたほうがいいですね。

 

 

プロスポーツ選手の中でも、
筋トレに目覚めすぎてしまって、
怪我が多発する選手もいるくらいです。

 

筋トレも重要項目ですが、
それ以上にカラダの動かし方が重要です。

足底筋膜炎でお困りの方へ