足底筋膜炎は、生理と関係ありますか?

足底筋膜炎は、生理と関係ありますか?

足底筋膜炎は、生理と関係ありますか?

 

足底筋膜炎の発生原因のひとつに、
生理が関係している事があります。

 

女性の方は、生理があります。

 

月経周期に合わせて、
筋肉が緊張したり固くなったりを、
毎月のように繰り返しています。

 

 

おそらく胸が固くなる経験を
されたことも有るのではないでしょうか?

 

胸が張っている時期というのは、
胸だけではなくて他の筋肉も
同時に張っている事が多いです。

 

ホルモンの関係によって張ってしまうもので、
生理周期によるものですから、
食い止めることはできません。

 

足底筋膜炎の原因になることはありませんが、
もともと存在する足底筋膜炎を
悪化させる可能性はあります。

 

 

この場合、足底筋膜炎の治療は重要ですが、
ホルモンバランスの崩れを
しっかり改善する必要があります。

 

月経異常が発生している場合など、
ホルモンバランスが崩れる事があります。

 

崩れてしまうと、特定のホルモンが
過剰に分泌されてしまって、
極端に筋肉が固くなるケースも有ります。

 

どれだけ治療を行っても、
ホルモンによる筋肉の張りですから、
足底筋膜炎が改善されないこともあります。

 

 

婦人科での治療が必要な場合もあり、
適切な相談が必要な場合もあります。

 

単純な足底筋膜炎の症状ではないので、
十分にご注意いただきたいと思います。

足底筋膜炎でお困りの方へ