足底筋膜炎で歩けないとき、青竹踏みは有効ですか?

足底筋膜炎で歩けないとき、青竹踏みは有効ですか?

足底筋膜炎で歩けないとき、青竹踏みは有効ですか?

 

足底筋膜炎の痛みが痛過ぎて歩けない時があります。

 

そんなときに青竹踏みを行ってしまうと、
強烈な痛みが発生することがあります。

 

 

症状がきつくない時は、
青竹踏みは治療として有効ですが、
症状が出ているときは逆効果です。

 

青竹踏みでマッサージすることが、
逆に負担になってしまうようになり、
痛みが強くなることがあります。

 

全体重が足裏だけに乗るようになるので、
負担が掛かり過ぎることがあるんですね。

 

 

青竹踏み中でも、
片足ずつ軽めに乗るのであれば、
特に問題は発生しないと思います。

 

でも、両足で乗ってしまって、
痛みを我慢しながら青竹踏みを行うと、
信じられないくらい悪化する可能性があります。

 

痛みが強い患者さんほど、
色々なテクニックを試されますが、
このテクニックは試さないようにしてください。

 

 

もみ返しのような状態というか、
筋肉が固くなることが多いです。

 

脳にとって青竹踏みそのものが、
外敵と思われてしまうことがあり、
行えば行うほど痛みが増していきますよ。

 

決して悪いテクニックではありませんが、
行いすぎには十分注意してください。

 

体格が大きな患者さんほど、
逆効果になってしまうと思いますので、
気をつけていただきたいと思います。

足底筋膜炎でお困りの方へ