足底筋膜炎とかかと・くるぶしは関係ありますか?

足底筋膜炎とかかと・くるぶしは関係ありますか?

足底筋膜炎とかかと・くるぶしは関係ありますか?

 

かかとやくるぶしの違和感・痛みは、
足底筋膜炎と間違いなく関係しています。

 

捻挫したわけでもないのに、
打撲したわけでもの無いのに、
かかとやくるぶしに違和感が発生します。

 

これは、かかとやくるぶしに向かっていく、
ふくらはぎやスネの筋肉の影響です。

 

ふくらはぎやスネの筋肉が固くなると、
筋肉が通過しているカカトやくるぶしに、
違和感が発生するようになるんですね。

 

下腿三頭筋と呼ばれる筋肉や、
前脛骨筋・後脛骨筋という筋肉が、
カカトやクルブシの違和感を発生させます。

 

 

これらの筋肉に負担が入るほど、
足裏の筋肉にも負担が入ります。

 

筋肉には、ダメージを拡大させる、
痛みが広がりやすいという特徴があります。

 

 

スネやふくらはぎの筋肉に痛みが起こると、
その痛みが自然に下がってきてしまい、
足底筋膜炎が出てくることがあるんですね。

 

何もしていないのに足底筋膜炎が出ている、
いつまでたっても足底筋膜炎が出ている場合は、
足裏だけに原因があるのではありません。

 

スネやふくらはぎのダメージが、
下がってきている可能性が高いです。

 

どれだけ足裏を改善しても、
スネやふくらはぎを治療しないと、
いつまでも症状が出続けることが多いです。

 

 

足底筋膜炎の症状は足裏に出るので、
足裏だけをマッサージしたくなりますが、
おそらく意味はありません。

 

足裏だけをどれだけマッサージしても、
ほとんどのケースで症状は残ります。

 

症状は足裏に出ていますが、
原因は別の部分にあります。

 

スネやふくらはぎのストレッチ、
マッサージを行うようにすると、
各種症状が改善するようになりますよ。

足底筋膜炎でお困りの方へ