足底筋膜炎と革靴は関係ありますか?

足底筋膜炎と革靴は関係ありますか?

足底筋膜炎と革靴は関係ありますか?

 

サラリーマンの方は、
革靴を履くことが多いですよね。

 

デスクワークの方はあまり関係ありませんが、
営業の方などは歩き続ける必要があります。

 

そんなとき、革靴を履くことによって、
足底筋膜炎が発生することが多いですよ。

 

 

クッション性の高い革靴や、
本当にピッタリと作られている
オーダーメイドのものであれば負担は入りにくいです。

 

でも一般的な革靴を使用していると、
歩けば歩くほど負担が入ってしまって、
足底筋膜炎が出てくることが多いですよ。

 

ジョンロブやオールデンなど、
高級なものであれば負担入りにくいですが、
高額なので万人向けではないと思います。

 

僕も何足か持っていますが、
一般のものよりも使い込みやすく、
負担がかかりにくい設計のものが多いと思います。

 

 

革靴を使用するのであれば、
クッション性の高いものを購入するか、
インソールで負担を防いでください。

 

特にインソールの使用は、
安い値段で行うことができますし、
劇的な効果をもたらすこともできます。

 

2000円ほどで足裏への負担を激減でき、
足底筋膜炎の強い症状を回復することができますよ。

 

痛みが強く出ている患者さんほど、
インソールはとても有効に働きます。

 

 

また革靴を履いているということは、
足の表面が固くなっているというか、
皮膚が固まっていることも多いです。

 

皮膚の固さが足底筋膜炎に影響することもあるので、
ハンドクリームのようなもので皮膚を柔らかくすると、
足底筋膜炎の症状が改善することも多いですよ。

 

ちょっとしたテクニックですが、
負担の軽減に使用することもある
治療テクニックの1つです。

 

試してみてください。

足底筋膜炎でお困りの方へ