足底筋膜炎とサンダル・スリッパは関係ありますか?

足底筋膜炎とサンダル・スリッパは関係ありますか?

足底筋膜炎とサンダル・スリッパは関係ありますか?

 

クロックスのような医学的なサンダルであれば、
足底筋膜炎に対してとても有効だと思います。

 

でもビーチサンダルのような薄いものや、
薄いスリッパを履いたまま動き続けていると、
足底筋膜炎の症状は悪化してしまうことがありますよ。

 

 

ビーチサンダルやスリッパには、
衝撃吸収する能力はありません。

 

衝撃吸収する能力が低いものを使用していると、
代わりに足の裏側の筋肉がクッション材になり、
全身の衝撃吸収の役割を果たします。

 

ある程度の期間は頑張ってくれますが、
足裏の筋肉の負担が限界を超えてしまうと、
いつのまにか足底筋膜炎が発生してしまいます。

 

 

「知らないうちに足底筋膜炎が発生した」と
患者さんはよくおっしゃられるのですが、
実際には、じっくりとダメージが入っています。

 

知らないうちにダメージが蓄積して、
知らないうちに痛みが発生して、
足底筋膜炎が出てくるようになります。

 

ビーチサンダルやスリッパを履き続けることは、
間違いなく足底筋膜炎に対して悪影響ですから、
できる限り使用しないようにしてください。

 

痛みが強く出ている患者さんほど、
不適切な履物になってしまいますよ。

 

患者さんによっては履いているものを変えただけで、
長年、悩まされてきた痛みが一気に回復して、
足底筋膜炎が完全に消え去ったケースもあります。

 

痛みが強く出ている患者さんほど、
身の回りのものが大きく影響するので、
気をつけていただきたいなと思っています。

足底筋膜炎でお困りの方へ