足底筋膜炎のとき正座は行なっても大丈夫ですか?

足底筋膜炎のとき正座は行なっても大丈夫ですか?

足底筋膜炎のとき正座は行なっても大丈夫ですか?

 

足底筋膜炎が発生している時には、
あまり正座は行わないほうが良いですね。

 

正座に慣れていらっしゃる方は、
特に問題はありません。

 

お坊さんや格闘技を行っている方など、
正座が生活の中に密着している方は、
慣れているので問題ありません。

 

 

注意しなければならないのが、
あまり慣れていないのに正座を行うことと、
激痛が出ているのに正座を行うことです。

 

慣れていないのに正座を行っていると、
足裏に極度の負担が入ってしまって、
足底筋膜炎が急激に悪化する可能性が出てきます。

 

もともと存在していた足底筋膜炎の痛みが、
何倍にも増幅することがあるんです。

 

 

また正座すると激痛が出ているのに、
我慢してしまう方も要注意です。

 

患者さんの中に「正座=ストレッチ」だと
勘違いされている方がたまにいるのですが、
正座はストレッチにはなりません。

 

極度に負担が入ってしまう動きですし、
全体重が足裏に乗っかってしまうので、
慣れていない方は行わないでくださいね。

 

関節の可動域が狭い可能性もあるので、
狭いまま正座を行っていると、
膝や足首を痛めてしまうことにもつながります。

 

 

僕は膝があまり良くないのですが、
正座は絶対に行わないようにしています。

 

膝や腰に痛みが出ている患者さんが、
強引に正座を行ってしまうと、
足首に負担が加わってしまうんですね。

 

すると足首や足底筋膜炎の痛みが出てきてしまって、
足の制限が出てしまうようになるからです。

 

ちょっとした生活習慣ですが、
負担が極端に入ることが多いです。

足底筋膜炎でお困りの方へ