足底筋膜炎で退職することはありますか?

足底筋膜炎で退職することはありますか?

足底筋膜炎で退職することはありますか?

 

退職を強要されるケースが存在するかはわかりませんが、
足底筋膜炎の症状がきつすぎて退職されたことのある
患者さんはいらっしゃったことがあります。

 

 

その患者さんは、昔、立ち仕事を行っていて、
それが原因で足底筋膜炎になってしまったそうです。

 

僕のところには腰痛で来院されましたが、
過去の症状を確認させていただく時に、
足底筋膜炎で退職したということをお聞きしました。

 

 

最近の治療では、治療が発達してきたので、
足底筋膜炎は回復しやすくなってきています。

 

インソールの性能も大幅に上がっているし、
機能的な靴もたくさん出てきているし、
靴下も適したものが出てきています。

 

椅子などの形状も変化してきて、
負担がかかりにくいものに変わってきました。

 

衝撃波などの特殊な治療もあるので、
かなりの確率で足底筋膜炎は改善できますが、
昔だったら、そうはいかなかったと思います。

 

 

残念ながら、いまだに昔の知識・スキルで
足底筋膜炎の治療を行っているところも多いです。

 

靴下やインソールに対する知識も、
昔のままの医療者も多いので、
有効なものを紹介してもらえることが少ないです。

 

退職する必要はないと思いますが、
いい先生・グッズと出会えることが重要ですね。

 

僕のお勧めはインソールとサプリメントですが、
どちらもしっかりと利用していただけると、
足底筋膜炎に対しては良いのではないかと思っています。

足底筋膜炎でお困りの方へ