足底筋膜炎で入院することはありますか?

足底筋膜炎で入院することはありますか?

足底筋膜炎で入院することはありますか?

 

僕の患者さんでは見たことがありませんが、
あまりにも症状がきつくなってしまった場合には、
入院が必要になるケースもありますよ。

 

入院が必要というよりも、
手術が必要になるために、
必然的に入院するケースが多いですね。

 

 

あまりにも慢性化してしまっている場合、
腱が癒着していることがあります。

 

筋肉が他の部分とくっついてしまったり、
指の曲げ伸ばしを行えなくなるくらい、
筋肉が固まってしまうことがあります。

 

また筋肉が骨を引っ張る力が強すぎて、
骨が変形してしまうこともあります。

 

この場合、どれだけマッサージを行っても、
どれだけストレッチを行ったとしても、
症状は回復することはありません。

 

変形してしまっている部分は、
変形を改善しない限り治りません。

 

 

こうした場合に、手術が選択されて
入院するケースがありますよ。

 

信じられないくらい患部が膨らんでいて、
どうみても手術が必要そうな患者さんでも、
手術以外で治るケースもあります。

 

一方で見た目は普通の状態なのに、
すぐに緊急手術が必要になるくらい、
強烈なダメージの患者さんもいらっしゃいます。

 

一般の方が独自に判断するのは難しいので
医療機関で調べてもらってくださいね。

足底筋膜炎でお困りの方へ