足底筋膜炎とラグビーは関係ありますか?

足底筋膜炎とラグビーは関係ありますか?

足底筋膜炎とラグビーは関係ありますか?

 

僕がこの記事を書いている段階では、
ラグビーは人気が出てきています。

 

ワールドカップの影響もあって、
世間一般的に認知度が高まってきて、
人気のスポーツになってきていると思います。

 

 

僕のところには、昔からラガーマンが来院されていて、
多くの怪我の治療をさせていただきました。

 

体が大きい選手が多いので、
走っているときに下半身に負担が入り、
下半身の怪我をしてしまうことが多いです。

 

またタックルなどによって関節を怪我して、
そのダメージが拡大して足底筋膜炎が出ていることもあります。

 

他の部分の怪我が悪化して、
その症状が拡大することによって、
足底筋膜炎が突然発生することが多いですね。

 

体重が重たいことと、
症状の拡大によって足底筋膜炎が出てきます。

 

 

ラグビー選手の場合は、
全身の治療を行う必要があります。

 

どの選手も全身に怪我をしているので、
全身の痛みを取り除かないと、
足底筋膜炎が回復しにくいんですね。

 

トレーニングやストレッチは
十分にやられている方が多いので、
より体幹に近いコアコンディショニングが必要です。

 

背骨の動きを改善するような
ストレッチポールを利用していくと、
自然に足への負担が減るようになりますよ。

 

足底筋膜炎とは全く関係なさそうなトレーニングですが、
ストレッチポールが有効になることは多いです。

足底筋膜炎でお困りの方へ