足底筋膜炎と若い人・若者は関係ありますか?

足底筋膜炎と若い人・若者は関係ありますか?

足底筋膜炎と若い人・若者は関係ありますか?

 

一般的には年齢を重ねるにつれて
多くの怪我が発生するようになります。

 

でも足底筋膜炎に限っては、
強い衝撃を繰り返すことが原因なので、
若い方に発生することが多いんですね。

 

若い方のほうが活発に動きますし、
長時間動くことが多いですから、
自然に足底筋膜炎になってしまうことが多いです。

 

 

もし若い方に発生している場合には、
ストレッチをしっかりと行ってください。

 

足の裏側のストレッチではなくて、
ふくらはぎや太もものストレッチを
十分に行ってくださいね。

 

特にふくらはぎのストレッチを行うと、
足底筋膜炎の症状が回復しやすいですよ。

 

若者ほどふくらはぎに負担が入り、
その負担が足底筋膜炎につながっていることが多いので、
ふくらはぎをケアすることで症状が回復していきます。

 

足の裏側に強い痛みが出ていた患者さんでも、
ふくらはぎのストレッチを指導したことで、
症状が一気に回復したケースは数多くあります。

 

 

ふくらはぎをストレッチすることで
アキレス腱に柔軟性がもたらされます。

 

アキレス腱が柔らかくなると、
同じ動きを行っていても負担がかかりにくくなり、
足底筋膜炎の軽減・予防につながるんですね。

 

一般的には足の裏側の治療が重要視されていますが、
実際の治療現場では、別の場所の治療が重要視されています。

 

僕が若いスタッフに治療の指導を行うとき、
患者さんのどの部分に本当の原因が潜んでいるかを、
必ず意識させるように指導しています

 

足の裏側に痛みが出ていても、
足の裏側に原因が潜んでいることは少ないです。

 

若い方の場合は、上述の通り、
ふくらはぎのケアが必要になります。

足底筋膜炎でお困りの方へ