足底筋膜炎とダンス・ダンサーは関係ありますか?

足底筋膜炎とダンス・ダンサーは関係ありますか?

足底筋膜炎とダンス・ダンサーは関係ありますか?

 

ダンスの先生に足底筋膜炎が発生することは多いですね。

 

どれだけしっかりストレッチしていても、
どれだけ筋肉が発達していても、
足底筋膜炎の発生原因とはあまり関係ありません。

 

運動不足で筋肉が硬くなっている方であれば、
ストレッチなどで足底筋膜炎は回復していきます。

 

でもスポーツを行っている患者さんの場合、
ストレッチや筋肉量とは別の部分に
足底筋膜炎の要因が潜んでいることが多いですよ。

 

 

ダンスの中でもステップが多い種類のもの、
エアロビクス系のダンスを行っていると、
足底筋膜炎が発生する可能性が高まります。

 

ジャンプの着地時のような衝撃が何度も加わると、
足の裏側の筋肉は大きな影響を受けてしまいます。

 

衝撃吸収するための筋肉なので、
衝撃を繰り返し吸収しているうちに、
機能が低下してしまうんですね。

 

衝撃吸収を行うために、
インソールを利用することが重要です。

 

 

ダンサーの患者さんはダンスのステップによって、
足裏の筋肉がボロボロになっているケースが多いです。

 

ステップを踏みすぎることによって、
扁平足になってしまって、
衝撃吸収できていない患者さんもいます。

 

また足首や膝を怪我することが多いスポーツなので、
その影響によってスネ・ふくらはぎに負担が入り、
足底筋膜炎にダメージが拡大してくることもあります。

 

ステップの踏み込みが強い方ほど、
足底筋膜炎が出てくることが多いですよ。

 

足の裏側をしっかりマッサージしてあげることと、
股関節(大腿筋膜張筋)のマッサージを
しっかり行ってください。

 

股関節部分に負担が入っていて、
そこから怪我が拡大するケースが多いので、
ダンスを行う方ほどしっかりとケアしてくださいね。

 

ステップからターンを行うときなど、
股関節や骨盤部分に負担が入っているので、
そこをしっかりと回復させる必要がありますよ。

足底筋膜炎でお困りの方へ