足底筋膜炎とダッシュは関係ありますか?

足底筋膜炎とダッシュは関係ありますか?

足底筋膜炎とダッシュは関係ありますか?

 

一般的な足底筋膜炎は、細かい衝撃が何度も加わることで、
足裏の筋肉が徐々に硬くなってしまって
発生することが多いですよ。

 

一方でダッシュによって発生する足底筋膜炎の場合は、
強い衝撃が短期間のうちに何度も加わることで、
いきなり強い痛みが出てくることが多いです。

 

足底筋膜炎の患者さんにもタイプがあって、
じっくりと痛みが出ている患者さんと、
鋭い痛みが急に出る患者さんがいらっしゃいます。

 

短距離走などでダッシュを繰り返す方は、
後者の激しい痛みが起こる方が多いです。

 

 

足底筋膜炎の中でも筋肉が破壊されているというか、
肉離れのような状態になっている方もみかけます。

 

一般的な足底筋膜炎は肩こりのような状態、
ダッシュによって発生する足底筋膜炎は、
筋肉が軽く切れているような状態だと思ってください。

 

怪我の種類が異なりますから、
治療方法も異なることが多いです。

 

 

完全な肉離れ状態の方もいるくらいなので、
バンテージなどで圧迫することもありますし、
状態によってはギプス固定されることもあります。

 

足底筋膜炎とは呼ばないかもしれませんが、
手術が必要になるくらいの
強烈なタイプの足底筋膜炎も存在します。

 

ダッシュで鋭い痛みが出ている患者さんほど、
患部の治療をしっかり受けることも大切ですし、
下半身全体の負担を取り除くことも必要になります。

 

下半身の筋肉がパンパンになってしまって、
その影響が足裏に起きているケースがほとんどです。

 

中高生の患者さんなど、
特に足がパンパンになっています。

 

こうした部分をしっかりと改善していかないと、
いつまでも足底筋膜炎の症状は消えないですよ。

足底筋膜炎でお困りの方へ