足底筋膜炎とバスケは関係ありますか?

足底筋膜炎とバスケは関係ありますか?

足底筋膜炎とバスケは関係ありますか?

 

バスケットボールを行う方に、
足底筋膜炎が発生することは多いですね。

 

前傾姿勢になっているスポーツなので、
先に腰や股関節・お尻に負担が入ります。

 

その状態でバスケを継続していると、
ダッシュやジャンプした時の衝撃が
足の裏側に伝わるようになります。

 

衝撃を何度も受け続けていると、
足底筋膜炎が発生することが多いです。

 

 

一発で発生する捻挫タイプの足底筋膜炎ではなくて、
ダメージが蓄積して発生する足底筋膜炎が多いです。

 

バスケを行なっている方は、
必ずおしりや太もものストレッチを行うことと、
キャットエクササイズを行なってくださいね。

 

痛みが強く出ている患者さんほど、
カラダの中心部分が硬直していて
激しい症状の原因となっていますよ。

 

本人は「足底筋膜炎」の症状だけを感じていて、
腰やおしりの痛みを感じていないケースが多いです。

 

感じない部分に原因は潜んでいますが、
バスケ選手の方は特にその傾向が強いですよ。

 

 

あと、バスケを行なっている方は、
スネにアイシングを行なってください。

 

スネに炎症が発生していて、
そこから足底筋膜炎に拡大して
痛みが出ている患者さんが多いです。

 

バスケ特有の前傾姿勢、
負担の入る動き方によって
極端なダメージがスネに加わっています。

 

なかなか改善されない患者さんほど、
スネに負担が入っていることが多いので、
スネのケアをしっかりと行ってくださいね。

足底筋膜炎でお困りの方へ