足底筋膜炎とビルケンは関係ありますか?

足底筋膜炎とビルケンは関係ありますか?

足底筋膜炎とビルケンは関係ありますか?

 

ビルケンシュトックのシューズは、
人間工学に基づいて作られた靴です。

 

人間がどのように動くか、
どのような重心で動いているのか、
関節はどんな角度で動くのか??

 

このような部分を徹底的に研究して、
サンダル形式にしているのがビルケンですね。

 

 

注意しなければならないのが、
履いて違和感を感じる患者さんには、
ビルケンシュトックは適していません。

 

ビルケンシュトックそのものは、
とても素晴らしい靴だと思います。

 

でも、履くことに違和感を感じるというか、
あの素材感が苦手な患者さんは、
足底筋膜炎の症状が悪化するので注意してください。

 

というのも、僕はビルケンシュトックの
あの踏み込んだ感じが苦手で、
履き続けていたら足底筋膜炎が出てきたんですね。

 

決してビルケンシュトックが悪いのではなく、
僕のカラダに合わないものを使用していた、
自分自身が悪いのですが。

 

 

どれだけ良いグッズであったとしても、
使用した時に違和感が出るようなものは、
脳が嫌がっていることが多いです。

 

嫌がっているものを使用していると、
常にストレスを受けるようになります。

 

ストレスを受け続けていると、
ストレスに対抗するために
筋肉を固めるホルモンが出てきます。

 

全身の筋肉が固められてしまい、
足底筋膜炎などの症状が出やすくなります。

 

 

履いてみて気持ちいいと思える方は、
足底筋膜炎に対してとても有効になります。

 

違和感を感じる方は、
使用しないでくださいね。

足底筋膜炎でお困りの方へ