足底筋膜炎とパンプスは関係ありますか?

足底筋膜炎とパンプスは関係ありますか?

足底筋膜炎とパンプスは関係ありますか?

 

パンプスは、足に負担が入りますね。

 

足のむくみの原因にもなりますし、
足底筋膜炎の発生原因にもなってしまいます。

 

長時間、立ちっぱなしの方は、
確実にふくらはぎから足裏に負担が入り、
足底筋膜炎が発生する可能性が高くなります。

 

 

パンプスを履いてお仕事をされている方は、
インソールを利用することと、
メディキュットなどの着圧ソックスを
日常生活の中で取り入れてください。

 

男性であれば機能性靴下などで、
足裏をサポートすることができます。

 

でも女性の場合には、
ストッキング着用の方が多く、
靴下を履けないケースも多いかと思います。

 

パンプスを履いているときは中敷きを、
リラックスタイムになったら着圧ソックスを、
それぞれ利用することで症状は回復しやすいです。

 

ダメージを予防することと、
ダメージを回復すること、
両方同時に行う必要があります。

 

 

最近では、機能的なパンプスも販売されているので、
そうしたものも利用するといいですね。

 

クッション性が高いものだったり、
歩くのをサポートしてくれるものの中でも、
オシャレなパンプスも出てきていると思います。

 

足の甲のサイズ、横幅のサイズに注意して、
パンプスを使用して頂きたいと思います。

足底筋膜炎でお困りの方へ