足底筋膜炎とフットサルは関係ありますか?

足底筋膜炎とフットサルは関係ありますか?

足底筋膜炎とフットサルは関係ありますか?

 

フットサルはサッカーよりも狭いコートで、
スピーディに行うスポーツですよね。

 

スピーディに行うからこそ、
ダッシュとストップが繰り返されて、
足に負担が入りやすくなります。

 

特にアキレス腱部分に負担が入りやすく、
そこから足底筋膜炎が発生することが多いです。

 

 

先にアキレス腱に負担が入り、
アキレス腱炎の痛みが起こることが多いです。

 

そこから強い症状が拡大することで、
足の裏側の痛みである
足底筋膜炎が発生することが多いですよ。

 

フットサルを行なっている患者さんほど、
ふくらはぎやアキレス腱の症状を
一緒に回復させる必要があります。

 

ふくらはぎのストレッチをしっかりと行って、
ふくらはぎやアキレス腱を改善してください。

 

 

足の裏側だけをマッサージしていても、
足底筋膜炎の症状は回復することはありません。

 

足の裏側に症状を拡大している部分、
フットサルの場合はふくらはぎの部分を
しっかりと回復させる必要があります。

 

前後左右、どちらにもダッシュを行いますから、
ふくらはぎ全体に痛みが出やすくなっています。

 

ふくらはぎ全体を回復することで、
足底筋膜炎の症状が改善していきます。

 

 

また、膝の外側に負担が入っていることも多く、
膝の外側を治療することも必要になります。

 

太ももの外側をマッサージすると、
足底筋膜炎の症状が回復することも多いので、
マッサージしてみてくださいね。

足底筋膜炎でお困りの方へ