足底筋膜炎と両足の激痛は関係ありますか?

足底筋膜炎と両足の激痛は関係ありますか?

足底筋膜炎と両足の激痛は関係ありますか?

 

両足に激痛が発生している場合、
足底筋膜炎と関係していることが多いですよ。

 

足底筋膜炎の負担が上に登ってしまって、
先に腰に負担が入るようになります。

 

 

足底筋膜炎の部分からは常に痛みが登り続けて、
腰からも痛みが下がってくるようになります。

 

足底筋膜炎の症状と腰の症状、
この両方がくっつくことによって、
足裏と腰の間にある全ての部分に痛みが起こります。

 

下半身全体を回復させなければ、
両足の激痛は改善されていきません。

 

 

激痛が起こっている時点で、
しっかりと改善していかなければ、
脳に痛みが焼き付いてしまうようになります。

 

いつまでも痛みが出てしまう、
とんでもない症状になります。

 

両足に足底筋膜炎が出ることもありますし、
足底筋膜炎以外の症状が同時に出ることもあります。

 

 

治療を受けていただくことが優先ですが、
もし激痛が出ている場合はインソールを利用してください。

 

何らかの形で負担が入りすぎているので、
まずは負担をカットする必要があります。

 

回復を考えるのではなくて、
負担・ダメージをカットすることが必要です。

 

インソールによってダメージをカットすれば、
徐々に症状が回復するようになるので、
痛みが軽減していきますよ。

 

スーパーフィートやザムストなど、
いろいろなサポーターがありますから、
試してみてくださいね。

足底筋膜炎でお困りの方へ