足底筋膜炎は、しびれが発生しますか?

足底筋膜炎は、しびれが発生しますか?

足底筋膜炎は、しびれが発生しますか?

 

足底筋膜炎の症状のひとつに、
しびれが発生する事があります。

 

足底筋膜炎が発生している周辺の筋肉の下に、
太めの神経が走っています。

 

足底筋膜炎の症状が進行すると、
筋肉はパンパンになっていきます。

 

筋肉がパンパンになるほどに、
神経が圧迫されるようになって、
しびれが出てくるようになります。

 

同時に、コブのようなものができてしまって、
しびれが出てくることもあるので要注意です。

 

 

どちらの場合も、発生原因である
筋肉の張り・コブを改善する必要があります。

 

足底筋膜炎の治療は、足裏だけに行うのではなく、
ふくらはぎの治療も必要になります。

 

ふくらはぎの筋肉をしっかり緩めることで、
足裏の筋肉が柔らかくなっていき、
しびれが軽減されていきます。

 

 

筋肉が柔らかくなったのに、
まだしびれが出ている場合には、
コブができている可能性があります。

 

細かく足裏を触っていくと、
ボコンと膨らんでいる事があります。

 

筋肉が単純に膨らんでいるもの以外に、
足裏の腱が膨らんでいることもあります。

 

この場合は、接骨院などではなく、
整形外科で注射を行って、
コブを減らす治療が必要になります。

 

 

放置し続けていると、
症状が残り続けてしまうので、
十分にご注意いただきたいと思います。

足底筋膜炎でお困りの方へ