足底筋膜炎は、ボキボキと関節が鳴りますか?

足底筋膜炎は、ボキボキと関節が鳴りますか?

足底筋膜炎は、ボキボキと関節が鳴りますか?

 

足底筋膜炎の症状のひとつに、
関節の鳴りが発生する事があります。

 

足底筋膜炎の症状が拡大することで、
足首周辺の筋肉が固まります。

 

筋肉が固まってしまうと、
関節が動かしにくくなってしまい、
足首がボキボキと鳴るようになります。

 

 

一般的に見られる症状ですから、
あまり気にする必要はありません。

 

ただし、関節部分に激痛が起こっている場合、
関節変形などの可能性もありますので、
注意が必要になります。

 

関節が変形してしまうと、
慢性化する可能性が高いです。

 

慢性化してしまうと、
本当に治しにくくなる症状で、
足底筋膜炎の症状も強くなるので要注意です。

 

 

足底筋膜炎は、足底筋膜炎そのものだけでなく、
別の症状の原因にもなります。

 

足首周辺の症状発生の原因になりやすいので、
しっかりと改善する必要があります。

 

とても厄介な症状も起こしやすく、
負担を起こしやすい怪我でもありますから、
足底筋膜炎はしっかりと治療を受けることをおすすめいたします。

 

 

不適当な医療機関も見られますから、
納得がいかない説明・治療をされた場合には、
別のセカンド・オピニオンを利用してくださいね。

 

足底筋膜炎の治療が不得意な医療機関もあるので、
十分にご注意いただきたいと思います。

足底筋膜炎でお困りの方へ