足底筋膜炎は、筋断裂なのでしょうか?

足底筋膜炎は、筋断裂なのでしょうか?

足底筋膜炎は、筋断裂なのでしょうか?

 

足底筋膜炎は、筋断裂と関係あります。

 

足底筋膜炎は、足裏の筋肉に負担が入って、
強い症状を引き起こす怪我です。

 

足裏の筋肉に負担が入っているだけでなく、
微細な筋断裂が発生していることもあります。

 

 

あまり切れる部分ではありませんが、
極端なダメージが入った場合、
足裏の筋肉も切れることがあります。

 

この場合は、肉離れと言われますが、
症状が軽い場合は、足底筋膜炎とも言われます。

 

目に見えないレベルで、
細かく切れていることがあります。

 

 

足底筋膜炎は、筋肉が固まってしまう事が多いですが、
固まる力が強すぎてしまうと、
クッション性が低下するんですね。

 

ちょっとした動きを行っても、
クッション性が低下しているおかげで、
かなり強い負担になっていますことが多いです。

 

足底筋膜炎そのものが、
足底筋膜炎の症状を拡大する原因になります。

 

だからこそ、足底筋膜炎は早めに回復して、
根本原因を取り除く必要があります。

 

強烈な負担が入っている患者さんほど、
症状が長引く傾向がありますし、
とても強い痛みが出ています。

 

 

足底筋膜炎はしっかり改善していかないと、
いつまでも残りやすい怪我の代表格です。

 

安全靴など、足に負担のかかりやすい
靴を履いていらっしゃる方は
特に注意が必要です。

足底筋膜炎でお困りの方へ