足底筋膜炎は、筋肉痛と関係ありますか?

足底筋膜炎は、筋肉痛と関係ありますか?

足底筋膜炎は、筋肉痛と関係ありますか?

 

足底筋膜炎は、筋肉痛と関係あります。

 

足底筋膜炎は、足裏の筋肉の負担が関係しているので、
筋肉痛があまりにもひどい場合、
足底筋膜炎に移行することがあります。

 

 

筋肉痛というのは、
筋肉の中に痛みを感じる成分が溜まって、
痛みを感じていることが多いです。

 

非常に細かいレベルで、
筋肉に傷が付いていることもありますが、
一般的には怪我の範疇には当てはまりません。

 

 

筋肉痛を放置し続けていると、
痛みを感じる成分が足裏に溜まります。

 

痛みを感じる成分が溜まり過ぎると、
筋肉に対してダメージが入ります。

 

ダメージが入った状態で動かすと、
筋肉が切れてしまうこともあり、
足底筋膜炎が発生する様になります。

 

筋肉痛を放置し続けた最終段階が、
足底筋膜炎となることは多いですよ。

 

 

初期の段階で回復させれば、
足底筋膜炎も筋肉痛もすぐに治ります。

 

筋肉痛が発生した段階で、
治療を受けるなどして
回復することが重要になります。

 

軽度の筋肉痛は関係ないですが、
症状が長引く筋肉痛に対しては、
しっかりとした治療が必要になります。

 

 

足底筋膜炎の初期症状として、
筋肉痛を訴える患者さんは多いので、
十分にご注意いただきたいと思います。

足底筋膜炎でお困りの方へ