足底筋膜炎と、パソコン・スマホの使い過ぎは関係ありますか?

足底筋膜炎と、パソコン・スマホの使い過ぎは関係ありますか?

足底筋膜炎と、パソコン・スマホの使い過ぎは関係ありますか?

 

足底筋膜炎の発生原因のひとつに、
パソコン・スマホの使いすぎが関係している事があります。

 

特にパソコンの使い過ぎは、
姿勢を悪化させる原因になり、
足底筋膜炎の発生要因となりますよ。

 

 

パソコンを長時間行っていると、
全身の筋肉が固くなります。

 

多いのが腰痛ですが、
腰痛の症状が拡大していくと、
下半身に痛みが広がってしまいます。

 

坐骨神経痛のように広がることもあるし、
負担だけが拡大していくこともあります。

 

この状態がますます広がっていくと、
足裏にダメージが広がっていき、
足底筋膜炎が発生することがあります。

 

 

スマホの使いすぎも同じで、
前傾姿勢になることがきっかけで、
最終的に足底筋膜炎となることがあります。

 

なかなか気づかれていない部分ですから、
十分にご注意いただきたいと思います。

 

パソコン症候群という言葉がある通り、
さまざまな症状がパソコンによって発生します。

 

 

足底筋膜炎を防ぐためには、
長時間使用するときに、
少し休養を入れることです。

 

あと「f.lux」と呼ばれる
ブルーライト対策のフリーソフトを導入すると、
体の負担が軽減して行きますよ。

 

十分にご注意いただきたいと思います。

足底筋膜炎でお困りの方へ