足底筋膜炎になりやすい人の特徴はありますか?

足底筋膜炎になりやすい人の特徴はありますか?

足底筋膜炎になりやすい人の特徴はありますか?

 

足底筋膜炎になりやすい人は、
靴が変わっているという特徴があります。

 

靴のサイズが適していなかったり、
靴が負担のかかるものを利用していると、
足底筋膜炎になりやすいですね。

 

足底筋膜炎は、足裏の負担が強いと発生する、
コツコツ蓄積型の症状です。

 

 

安全靴を履いている患者さんや、
新品の靴を履いている患者さんに、
とても多く発生するんですね。

 

長時間歩いている患者さんでも、
足底筋膜炎が発生する方もいますし、
まったく発生しない方もいます。

 

いろいろ調べていくうちに、
靴が不適当になっていることが多かったです。

 

 

長靴を履いている方や、
安全靴を履いている方は、
そもそも中敷きがまっ平らです。

 

中敷きがまっ平らということは、
足裏をサポートする機能がないので、
足裏に極端な負担が加わってしまいます。

 

この状態で長時間歩くと、
足底筋膜炎が発生するようになりますね。

 

クッション性の高いシューズであっても、
新品に近い状態で、馴染んでいない場合には、
同じく足底筋膜炎が発生しやすいと思います。

 

 

インソールを着用するなどして、
負担を最小限に抑えることが重要です。

 

痛みが出ている患者さんほど、
靴がおかしくなっていると思うので、
十分にご注意いただきたいと思います。

足底筋膜炎でお困りの方へ