足底筋膜炎は、ストレスと関係ありますか?

足底筋膜炎は、ストレスと関係ありますか?

足底筋膜炎は、ストレスと関係ありますか?

 

足底筋膜炎の発生原因のひとつに、
ストレスが関係している事があります。

 

特に足底筋膜炎はストレスと関係しています。

 

大きく分けて2つの部分から、
足底筋膜炎の悪化が引き起こされます。

 

 

一つは、ストレスを感じると、
全身の筋肉が固くなるため。

 

ストレスを感じると、
身体の中から筋肉を固めるホルモンが出て来て、
全身の筋肉が固まりやすくなるんですね。

 

足裏の筋肉だけではなくて、
全身の筋肉が固まってしまいます。

 

筋肉が固まれば、同じ動きを行っていても、
自然に負担が加わるようになってしまい、
強い症状に移行するようになります。

 

足裏の筋肉が固まりすぎれば、
足底筋膜炎は発生することがありますよ。

 

 

ふたつ目は、ストレスを感じると、
足裏から放出される疲労物質の量が増えることです。

 

疲れきった夜の靴下、
ものすごく臭いですよね。

 

ストレスが溜まって疲れている時、
足の裏から疲労物質が放出されます。

 

正確には、体中の邪魔な成分が、
足の裏側から放出されて、
靴下にくっついているんですね。

 

足の裏側は、邪魔者を外に放出する
デトックスに重要な部分です。

 

この疲労物質が貯まれば貯まるほど、
足裏に影響を与えてしまい、
足底筋膜炎の痛みを強くします。

 

 

足底筋膜炎を回復させていくためには、
ストレスのことも考える必要があります。

 

十分にご注意いただきたいと思います。

足底筋膜炎でお困りの方へ