足底筋膜炎は、デスクワークで悪化しますか?

足底筋膜炎は、デスクワークで悪化しますか?

足底筋膜炎は、デスクワークで悪化しますか?

 

足底筋膜炎の発生原因のひとつに、
デスクワークが関係している事があります。

 

デスクワークは、長時間同じ姿勢ですし、
特に、おしりの筋肉に負担を与えます。

 

長時間、同じ姿勢で座っている時、
上半身の重みは、おしりの筋肉が支えています。

 

おしりの筋肉に負担が入り過ぎると、
下半身全体に負担が広がっていきます。

 

 

下半身には、お尻をスタート部分に、
ストッキングのような形状をした、
全体を包む膜が存在しています。

 

筋膜と呼ばれるもので、
全身タイツのように伸びます。

 

 

デスクワークを行っていると、
筋膜が固まってしまい、
足全体が絞り上げられた状態になります。

 

ストッキングを引っ張りあげたように、
足先が絞り上げられた状態になります。

 

足先が絞り上げられれば、
当然、負担が加わるようになり、
足底筋膜炎の症状が発生・拡大していきます。

 

 

足底筋膜炎とデスクワークなんか、
全く関係なさそうな部分ですが、
実際には、深い関係性を持っています。

 

特に男性の方は、女性よりも体重が重く、
筋膜も固くなりやすい性質があるので、
十分にご注意いただきたいと思います。

 

しっかりとした治療が必要になります。

足底筋膜炎でお困りの方へ