足底筋膜炎と、ガングリオンは関係ありますか?

足底筋膜炎と、ガングリオンは関係ありますか?

足底筋膜炎と、ガングリオンは関係ありますか?

 

足底筋膜炎の発生原因のひとつに、
ガングリオンが関係している事があります。

 

ガングリオンというのは、
関節周辺にボコンと膨らんでしまう、
脂肪の塊のことを言います。

 

ゼリーのようなものが
関節部分に貯まって膨らむ、
良性腫瘍のひとつですね。

 

 

ガングリオンは、
手首に発生しやすいですが、
足首にも発生することがあります。

 

足首にガングリオンが発生すると、
動く時にとても動かしにくくなって、
足首以外の部分に負担を与えることがあります。

 

この状態で動き続けていると、
足底筋膜炎が発生することがありますよ。

 

 

ガングリオンが、直接「足底筋膜炎」を
引き起こすのではなくって、
まわり回って引き起こされる事があります。

 

 

ガングリオンは、整形外科か
外科の先生が専門になりますので、
そちらで治療してくださいね。

 

ガングリオンを改善すれば、
足底筋膜炎も治ることが多いです。

 

中には足底筋膜炎が残ることもあるので、
残ったものは、別に治療を受けてください。

 

 

注射器で抜いてもらったり、
簡単な摘出手術で取り除けるので、
スムーズに治してもらえると思います。

 

しっかり治療を受けてくださいね。

足底筋膜炎でお困りの方へ