足底筋膜炎と、リウマチは関係ありますか?

足底筋膜炎と、リウマチは関係ありますか?

足底筋膜炎と、リウマチは関係ありますか?

 

足底筋膜炎の発生原因のひとつに、
リウマチが関係している事があります。

 

慢性関節リウマチは、
全身に症状を波及させます。

 

筋肉や骨、
関節にダメージを加えますし、
内臓や血管にもダメージを加えます。

 

患者さんの中でも、
もともとリウマチを患っていて、
そこから別症状が出ている方も多いです。

 

 

足底筋膜炎も、リウマチに引き起こされる事があります。

 

直接、リウマチのダメージが入って、
足裏に足底筋膜炎が出ることもあります。

 

また、カラダを動かしにくくなることで、
足裏全体に負担が入ってしまい、
足底筋膜炎が発生することもあります。

 

どちらも見られる症状です。

 

 

前者の場合には、
治療院や接骨院では
治療することは不可能です。

 

リウマチそのものによる症状は、
病院でしか改善できません。

 

接骨院や治療院では、
病気由来の症状に対しては、
一切治療することはできません。

 

 

後者の場合は、
治療院で治療することは可能です。

 

リウマチがきっかけになっていますが、
リウマチそのもの症状ではなく、
動かしにくさが原因なので回復可能です。

 

リウマチそのものは治らなくても、
足底筋膜炎の症状は回復できますよ。

 

 

チョット見分けるのが難しいですが、
ご自身がどんな状況なのかを、
整形外科でみてもらうと良いですね。

 

後者の場合だったら、
治療院も受診してみてくださいね。

足底筋膜炎でお困りの方へ