足底筋膜炎と、帯状疱疹は関係ありますか?

足底筋膜炎と、帯状疱疹は関係ありますか?

足底筋膜炎と、帯状疱疹は関係ありますか?

 

足底筋膜炎の発生原因のひとつに、
帯状疱疹が関係している事があります。

 

帯状疱疹は、神経にそって
水疱瘡のウイルスが悪さを起こして、
症状を引き起こすものです。

 

基本的には、肋骨や顔といった、
上半身に発生することが多いですが、
下半身に症状を引き起こすこともあります。

 

坐骨神経にダメージを与えて、
坐骨神経痛の症状が引き起こされます。

 

 

坐骨神経の抹消部分が
足の裏側にありますから、
足底筋膜炎の症状が出てくることがあります。

 

実際には足底筋膜炎ではありませんが、
足底筋膜炎と同じ症状が出てきます。

 

症状は同じかもしれませんが、
原因が異なりますから、
治療方法も異なります。

 

 

まずは帯状疱疹を改善すること、
その後、おしりの筋肉を改善することが、
帯状疱疹による足底筋膜炎の改善ポイントです。

 

足裏に痛みが出ていますが、
お尻部分から発生する神経のダメージなので、
おしりを改善することが重要ですよ。

 

足裏に出ているのは、
あくまでも症状であって、
原因部分ではありません。

 

 

帯状疱疹の神経痛は、
とても厄介な物が多いです。

 

治療が長引くこともありますので、
十分にご注意いただきたいと思います。

足底筋膜炎でお困りの方へ