足底筋膜炎と、痛風は関係ありますか?

足底筋膜炎と、痛風は関係ありますか?

足底筋膜炎と、痛風は関係ありますか?

 

足底筋膜炎の発生原因のひとつに、
痛風が関係している事があります。

 

足底筋膜炎と深い関係性がありますよ。

 

 

足底筋膜炎は、足裏に痛みを起こすものです。

 

痛風は、足の親指に痛みが起こりやすいです。

 

足の親指に痛みが発生すると、
体のバランスが崩れて、
自然に足裏にもダメージが広がります。

 

重心が崩れてしまって、
左右どちらかにバランスが崩れます。

 

このバランスの崩れを耐えているのが、
足裏の筋肉で、放置しておくと
足底筋膜炎の症状が出てきます。

 

 

先に、痛風を改善しないかぎり、
このタイプの足底筋膜炎は回復しません。

 

何度、足底筋膜炎を治しても、
原因が痛風ですから、
繰り返し再発することになります。

 

 

強烈なダメージを残しますし、
足以外にもいろいろな症状を引き起こすので、
痛風は、早めに治療を行う必要があります。

 

食生活の改善も必要ですので、
十分にご注意いただきたいと思います。

 

また、他の部分の関節痛が、
まわりまわって、足底筋膜炎を引き起こす
ということもあるので注意が必要です。

 

全身に関節痛を引き起こしやすいので、
改善していってくださいね。

 

 

暴飲暴食、ストレスなど、
基本的には生活習慣病ですから、
ご注意いただきたいと思います。

足底筋膜炎でお困りの方へ