足底筋膜炎と、糖尿病は関係ありますか?

足底筋膜炎と、糖尿病は関係ありますか?

足底筋膜炎と、糖尿病は関係ありますか?

 

足底筋膜炎の発生原因のひとつに、
糖尿病が関係している事があります。

 

 

糖尿病は、全身の筋肉や関節、
血管に対して影響を与えます。

 

中でも、下半身の血管に対して、
大きな影響を及ぼします。

 

血流を極端に悪くして、
血流を阻害してしまい、
壊死などを引き起こしてしまいます。

 

 

糖尿病の患者さんの中でも、
進行したタイプの方は、
皮膚がぼろぼろになります。

 

皮膚には、バランスを司る
センサーのようなものがついています。

 

皮膚がボロボロになってしまうと、
バランスが極端に崩れて、
下半身に大ダメージを与えます。

 

結果的に、足底筋膜炎になる場合があります。

 

 

残念ながら、足底筋膜炎の症状は回復できても、
糖尿病は治療院では回復できません。

 

症状は回復できますが、
原因を回復できない状態なので、
何度も再発する可能性はありますよ。

 

また、回復能力も急激に低下して、
痛みそのものも改善されにくいので、
十分にご注意いただきたいと思います。

 

糖尿病の症状を和らげること、
これが、このタイプの方の治療になります。

 

 

どれだけマッサージを行っても、
どれだけ電気治療を行っても、
どれだけ温めたとしても、

 

糖尿病性による足底筋膜炎は
再発することが多いです。

足底筋膜炎でお困りの方へ