足底筋膜炎に、グルコサミン・コンドロイチンは有効ですか?

足底筋膜炎に、グルコサミン・コンドロイチンは有効ですか?

足底筋膜炎に、グルコサミン・コンドロイチンは有効ですか?

 

足底筋膜炎を回復させる一つの手段として、
グルコサミン・コンドロイチンは有効になると思います。

 

足底筋膜炎は、足裏の筋肉の症状ですが、
実際には、筋肉だけではなくて、
「腱膜」という部分にも負担が入ります。

 

筋肉と一緒にくっついている組織で、
足の裏側を構成している組織です。

 

 

グルコサミンやコンドロイチンは、
筋肉ではなく「腱膜」に対して、
とても有効な成分です。

 

腱膜そのものの材料になっているので、
修復する時に必要になります。

 

 

足底筋膜炎は、筋肉や腱膜に対して
繰り返しダメージが入ってしまい、
細かく引きちぎれたような状態です。

 

猫に引っかかれたような感じで、
目に見えない部分で傷が入ります。

 

その修復材料のひとつとして、
グルコサミンやコンドロイチンが
使用される形になっています。

 

 

お薬のように痛みを止めるのではなく、
もともと修復材料として使われます。

 

大工さんが、木材を使って家を建てるように、
カラダは、グルコサミンなどを使って
腱膜を修復していきます。

 

ちなみに足底筋膜炎の別名は、
足底腱膜炎と呼びます。

 

まったく同じ症状・状態ですが、
名称が異なる場合があります。

 

 

筋膜も腱膜もくっついているので、
厳密には区別することは難しいです。

 

両方とも改善するのに
有効だと思いますよ。

足底筋膜炎でお困りの方へ