足底筋膜炎で、ギプスは巻いたほうがいいですか?

足底筋膜炎で、ギプスは巻いたほうがいいですか?

足底筋膜炎で、ギプスは巻いたほうがいいですか?

 

足底筋膜炎を回復させる一つの手段として、
ギプス固定は有効になると思います。

 

 

僕の治療家人生において、
一人だけギプス固定していた患者さんがいます。

 

この方は、足底筋膜炎の症状も出ていましたが、
足裏の筋肉の筋断裂が起こっていました。

 

建物から転落してしまって、
足から着地した瞬間に
大きな怪我になってしまいました。

 

 

正確には、足底筋膜炎ではなくて
足裏の筋断裂という診断です。

 

こうした強烈なダメージの場合には、
ギプス固定されることが多いですよ。

 

一般的な足底筋膜炎に対しては、
ギプス固定は行われません。

 

 

かなり痛みが強いケースであっても、
サポーター固定が行われます。

 

ギプス固定は、骨折状態だったり、
筋断裂が発生しているときに
完全固定するために行います。

 

足底筋膜炎は、完全に断裂しているわけではないので、
一般的には、ギプスは使用されません。

 

痛みが激しい場合には、
もしかしたらギプス固定されますが、
回復していくと思いますよ。

 

 

足底筋膜炎を改善する基本原則として、
患部の安定・固定化が挙げられます。

 

ギプスは、完全固定するので、
自然に足底筋膜炎が改善されていきます。

 

一般的な治療法ではありませんが、
中には使用する先生もいると思います。

足底筋膜炎でお困りの方へ