足底筋膜炎は、CTで診断できますか?

足底筋膜炎は、CTで診断できますか?

足底筋膜炎は、CTで診断できますか?

 

足底筋膜炎を回復させる一つの手段として、
CTは有効になると思います。

 

CTは患部を3D状態でチェックできるので、
足底筋膜炎がどのようになっているかを
直接把握することができます。

 

足底筋膜炎の中でも、筋肉がボロボロになって、
傷が明確になっているものに対して、
CTは有効に働きますよ。

 

どの部分が傷ついていて、
どんな治療を行っていけばよいか、
目で見て理解することができますので。

 

 

気をつけなければならないのが、
CTに映らない足底筋膜炎も数多く有ることです。

 

CTでどれだけチェックしても、
見た目上は問題がないパターンも有ります。

 

傷がついていない怪我も数多くあり、
この場合は、CTには映りませんね。

 

CTで見つけることができなくても、
触診などでチェックするのは簡単なので、
治療院などを受診すると良いと思います。

 

 

長いこと治療家として活動してきましたが、
CTに映らない原因も無数に存在しています。

 

逆に、僕達治療家では絶対にわからない、
細かいダメージも、当然存在しています。

 

最先端医療であるCTと、
古来から存在する治療技術、
この両方を組み合わせると効果的ですね。

 

どちらも一長一短ありますから、
改善されにくい患者さんは
両方チェックしてみると良いですよ。

足底筋膜炎でお困りの方へ