足底筋膜炎は、重症・重度のものは手術で治りますか?

足底筋膜炎は、重症・重度のものは手術で治りますか?

足底筋膜炎は、重症・重度のものは手術で治りますか?

 

足底筋膜炎は、手術する事があります。

 

 

足底筋膜炎は、足の裏側の筋肉にダメージが入りますが、
あまりにもダメージが入りすぎてしまうと、
筋肉が骨を引っ張り出します。

 

足裏の筋肉は、
カカトの骨にくっついています。

 

 

カカトの骨の正式名称を
踵骨(しょうこつ)と言います。

 

足底筋膜炎の症状が激しくなりすぎると、
踵骨が変形してしまう事があります。

 

 

筋肉にグイグイ引っ張られすぎて、
まるでナイフのような形に骨が変形して、
筋肉そのものを傷つけてしまうんですね。

 

体の内側から、
常にダメージを与えてしまう、
とんでもない症状になることがあります。

 

 

この状態では、接骨院や治療院では
絶対に治療は不可能ですし、
整形外科でも一般治療は難しくなります。

 

ですから、このタイプの患者さんに対して、
手術が行われるケースが有りますよ。

 

手術を行わない限り、
動くたびに骨が筋肉を傷つけ、
ボロボロにしてしまいます。

 

 

この症状が出ている場合には、
整形外科の先生に手術を薦められます。

 

放置すればするほど、
どんどん重症化してしまい、
ますます慢性化してきます。

 

十分にご注意いただきたいと思います。

足底筋膜炎でお困りの方へ